tateyamadianaのブログ

千葉県館山市にある犬宿です。

赤山地下壕跡のご紹介

こんばんはー(^^)/

今日の館山は、朝から曇りで肌寒い一日でした。

昨日までの蒸し暑さとは一転、秋の気配が感じられました。

ディアナから車で約10分ぐらいの所に、防空壕があります。

平成16年4月1日より、館山海軍航空隊赤山地下壕跡(通称:赤山地下壕)の一部が公開されました。
 赤山地下壕は、合計した長さが約1.6kmと、全国的にみても大きな壕で、館山市を代表する戦争遺跡のひとつです。
昭和10年代のはじめに、ひそかに建設がはじまったという証言もありますが、今のところ赤山地下壕に関する資料が、ほとんど確認されていないため、つくられた時期は、はっきりしていません。
 しかし、このような大きな地下壕が,1941(昭和16)年の太平洋戦争開戦の前につくられた例はなく、当時の軍部が本格的に防空壕をつくりはじめたのは、1942(昭和17)年より後であることを、他地域の壕から知ることができます。
 また、全国各地につくられた大きな地下壕の壕と壕の間の長さは、一般的には10~20m以上(長野市松代大本営予定地の象山地下壕は25mであるとされていますが、この赤山地下壕は5~10mと狭いうえ、計画的に掘られたとは考えにくく、そのつくりから見て、終戦がさし迫った1944(昭和19)年より後に建設されたのではないかと考えられています。
 アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、この赤山地下壕が、館山海軍航空隊の防空壕として使われていたことは、壕内にある発電所跡や、終戦間際に、この壕の中で実際に館山海軍航空隊の事務をおこなったという体験や、病院の施設があったなどの証言からうかがい知ることができます。

f:id:tateyamadiana:20161010211408j:plain

f:id:tateyamadiana:20161010211413j:plain

●赤山地下壕跡入壕料
【個人】一般200円・小中高校生100円

沖ノ島にもいろいろな戦争の跡があります。

興味のある方は行ってみてはいかがですか?